健康づくりのためのレクリエーション

「健康づくり」を推めるボランティアを育成

health_1.jpg日本レクリエーション協会は、平成23年度より2年間、都道府県レクリエーション協会と協力して、地域における住民の「健康づくり」や「介護予防」を進めるボランティアの育成を図ることを目的に、「健康づくりのためのレクリエーション」事業を実施しました。厚生労働省の補助事業「実践的な予防活動支援事業」の一環として行われたもので、平成23年度は全国32地区で実施されました。

本事業は、講習会と実習を大きな柱として実施。講習会では、健康教室や介護予防サロンなどで活用できるレクリエーション種目を学習し、レクリエーションプログラムの展開方法の習得を目指しました。実習では、学習の成果を発揮する場として、市民向けに行われる健康づくりの啓発イベントにスタッフとして参加してもらいながら、参加者の喜ぶ姿に接することで、「健康づくり」の活動を実施する喜びを実感してもらいました。

事業を通じて、「健康づくり」を推進するたくさんのボランティアを輩出するとともに、レクリエーションに対する高い評価をいただくことができました。


banner_healthmake.gif

このページのトップへ