2016リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック

公益財団法人日本レクリエーション協会では、スポーツ庁から委託を受け、オリンピック・パラリンピック期間中に、日本のスポーツ・レクリエーション体験の提供とSFT活動(SPORT FOR TOMORROW※1) のPRを展開しました。

 ※1:東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年までに、官民連携のもと、開発途上国を中心とした100カ国・1000万人以上を対象に推進されるスポーツ国際貢献事業です。

オリ・パラを通じて82,129名が参加21日写真①.jpg

「TOKYO2020 JAPAN HOUSE」(ジャパンハウス)は、東京2020大会や、開催都市東京・日本の魅力を紹介する目的で開設された施設です。オリンピック・パラリンピック期間中に、82、129名の方々が訪れました。

スポーツ庁プログラムには35,240人が参加

スポーツ庁ブースは、ジャパンハウス内の「政府省庁エリア」の一角に設置されました。主に、SFT活動のPRとスポーツ・レクリエーションプログラムの体験機会の提供を行いました。

スポーツ庁のブースプログラムには、開催期間を通して、35,240人が参加されました。IMG_5328.jpg

障がいの有無にかかわらず楽しめる103のプログラムを紹介

 多くの方々が参加してくれた理由として、日本発祥や日本で工夫されたスポーツ・レクリエーションプログラムを数多く紹介したことがあります。日本の伝承あそびからパラリンピック種目まで、紹介したプログラム数は期間中103種類にのぼり、ジャパンハウス全体でも人気のブースとなりました。

2020東京、そしてその先へ広げるために

海外から訪れていただく方々への望ましいスポーツ・レクリエーションサービスを検討するため、アンケートやヒアリング調査等を行いました。結果については、報告書や日本レクリエーション協会ホームページ等を通じてご紹介していく予定です。

rio事業報告書 report

oripararep01.jpg現地での取組の様子などを取りまとめた報告書を、都道府県教育委員会等にお送りいたしました。

2016oripararep_mini.pdf

このページのトップへ