教員免許状更新講習

photo.jpg

「教員免許更新制」とは、その時々で教員として必要な最新の知識技能を身につけることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。平成19年6月に「教育職員免許法」が改正され、平成21年4月から導入されました。

制度導入後に授与される新免許状(平成21年4月1日以降に初めて授与された免許状)には10年間の有効期間が付され、有効期間を更新して免許状の有効性を維持するには、2年間で、「必修領域」の6時間以上と「選択必修領域」の6時間以上、「選択領域」の18時間以上の合計30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要となりました。
制度導入前に授与された旧免許状(平成21年3月31日以前に初めて授与された免許状)には有効期間は付されませんが、生年月日によって最初の修了確認期限が設定され、旧免許状所持者が更新講習の修了確認を受けて免許状の有効性を維持するには、2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要となりました。

日本レクリエーション協会では文部科学大臣の認定を受けて、平成26年度より、「選択領域」における教員免許状更新講習を開設しています。本講習を受講し、履修認定基準に達した方には履修証明書を発行します。受講義務者は定められた期日までに、30時間以上の更新講習を受講・修了した後、免許管理者(現職教諭の場合はお勤めになっている学校の所在する都道府県教育委員会、現職教諭でない方はお住まいのある都道府県教育委員会)に更新講習修了の確認申請を行うことになります。

【日本レクリエーション協会の平成28年度実績】
講習数/34
受講者数(のべ人数)/1,630人


平成29年度 講習詳細はこちら
(平成29年度講習の仮申し込みは3月23日の10時より受付開始)

「教員免許更新制」についての詳細は文部科学省ホームページにてご確認ください。

文部科学省ホームページ
●教員免許更新制

このページのトップへ