レクリエーション・コーディネーター

レクリエーション・コーディネーターの資格概要

  • レクリエーション・コーディネーターとは

    coordinator_1.jpg

    地域組織やクラブの運営、小中学校の学級経営などの場面で活動される方に役立つ資格です。 「レクリエーション・コーディネーター」は、組織や団体が活性化していくうえで必要な「人材や資源のネットワーク力」、「事業の企画・展開力」、事業を成功に導く「グループリーダー力」など、組織や団体の担い手に必要な能力を兼ね備えた人材です。 組織やクラブ、団体が掲げる使命達成に向けて、事業や活動を推し進めていくことができるため、県または地域組織の職員、NPO法人や民間団体の職員、小中学校の教員、総合型地域スポーツクラブのクラブマネジャーなど、たくさんの方が資格を取得しています。

    習得できる知識と技術

    • ・ 地域社会の課題やニーズを把握するマーケティング力
    • ・ 魅力ある事業を企画し、継続して展開していく力
    • ・ 目的に沿って事業を進める力
    • ・ 人材や団体の協力を結びつけるネットワーキング力
    • ・ 事業を成功に導くグループリーダー力
    • ・ 事業・人材・資金を獲得するためのプレゼンテーション力
    • ・ 安定した組織を築くマネジメント力

    など

    こんな現場におすすめ

    小・中学校
    学校の目標、学年の目標、学級の目標に即して、レクリエーションプログラムを意図的・計画的に展開することで、生徒間同士で協力する姿勢を養い、成功体験や感動体験を通じて児童一人ひとりの意欲を高めることができます。

    NPO法人や地域組織の運営
    行政や企業から事業を獲得しながら、目的に即した事業の企画・展開ができます。また、収支のバランスを考えながら事業を実施するなど、適切な財務管理を行うことで、安定した組織運営を維持できます。

    総合型スポーツクラブ
    クラブの経営を担うだけでなく、「遊び」の要素を取り入れたアクティビティや、コミュニケーションを高める活動を企画することで、プログラムに幅を持たせることができます。レクリエーション・コーディネーターの資格は、クラブマネジャーの資格の要件を満たしています。総合型地域スポーツクラブマネジャーとして活動することができます。

  • 受講条件

    下記のいずれかに該当する方。

    1. 1.レクリエーション・イントラクター養成講習会を受講予定、受講中、もしくは修了された方(*
    2. 2.レクリエーション・インストラクター資格を保有している方
    3. 3.福祉レクリエーション・ワーカー資格を保有している方
    * 「レクリエーション・インストラクター養成講習会」などで、理論や実技の単位(51時間)を履修後、資格の登録申請をされていない方は、レクリエーション・コーディネーターの養成通信教育課程の際、レポート課題が1科目追加されます。
  • カリキュラム

    レクリエーション・インストラクターの養成講習会の受講とあわせて、レクリエーション・コーディネーター養成通信教育課程では、基礎科目・専門科目・現場実習を、通信教育のレポート課題、および講習会の事前課題(レポート課題)と講習会の合計119時間を通じて学びます。都道府県組織・地域組織やNPO法人団体、小中学校、総合型スポーツクラブといった現場で活用できる、事業の企画・展開力やコーディネート力などの習得を目指します。

    科目名 学習時間
    科目1:レクリエーション・インストラクター科目 レクリエーション支援の理念と方法
    レクリエーション・インストラクターの「学習内容」を参照ください。
    *レクリエーション・インストラクター、または、福祉レクリエーション・ワーカーの資格保有者は免除されます。
    51時間
    科目2:基礎科目 活動領域および支援対象の理解
    レクリエーション・コーディネーターとしての実践に必要な生涯スポーツにかかわる基礎知識を学びます。
    35時間
    科目3:専門科目1 レクリエーション・コーディネート技術 レクリエーション・コーディネーターとしての活動に欠かせない専門的な知識・技術を学びます。 54時間
    科目4:専門科目2 レクリエーション・コーディネート演習 30時間
    科目5:現場実習 現場実習
    地域社会などで実際に行われている事業の中で学習内容を活用し、学習成果を習得します。
    30時間 (講習会A・B・C/各2日間)
    *レクリエーション・コーディネーター養成通信教育課程を修了するまでに、レクリエーション・インストラクター資格を申請していない方は、レポート課題が1科目追加されます。
    *専門科目の講習会の詳細は こちらをご覧ください。

    受講・受験の免除対象

    以下の資格の共通科目を修了、もしくは資格を保有している方は、「科目2:基礎科目」の受講・受験が免除されます。

    野外活動指導者1級
    (キャンプディレクター1級、オリエンテーリングディレクター1級、サイクリングディレクター1級、ホステリングディレクター1級)
    スポーツリーダー
    アスレチックトレーナー
    スポーツプログラマー
    上級コーチ、コーチ
    上級スポーツ指導員、スポーツ指導員
    上級教師、教師
    クラブマネジャー、アシスタントマネジャー
    スポーツ栄養士
    大学・専門学校における適応課程履修者(修了課程に応じて、基礎科目の受講・受験を免除します)
    *資格証または共通科目修了証のコピーが必要となります。
    *キャンプディレクター2級、オリエンテーリングディレクター2級、ホステリングディレクター2級、サイクリングディレクター2級の各資格は免除の対象ではありません。
  • 2017年レク・コーディネタ―開催要項.pdf 

    受講申し込み

           

    レクリエーション・コーディネーター養成通信教育課程の受講申し込みは、「受講条件」のいずれかを満たしている方が対象となります。


    fig_1.png fig_1



    受講料納付のご案内(振込先)

    受講料は以下のいずれかの方法で納入 してください。

    郵便局からの納入

    郵便局備え付けの振替用紙をお使いください。

    通信欄に「レクリエーション・コーディネーター受講料として」と明記してください。

    <郵便振替>

    【口座番号】00120-2-762834

    【口座名義】公益財団法人 日本レクリエーション協会



    銀行振込での納入

    銀行指定の振込用紙をお使い、下記①②のいずれかの指定口座に送り込みください。

    <振込先①>

    【銀行支店】みずほ銀行 九段支店

    【口座番号】普通預金 2248706

    【口座名義】公益財団法人 日本レクリエーション協会

    <振込先②>

    【銀行支店】ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)支店

    【口座番号】当座 0762834

    【口座名義】公益財団法人 日本レクリエーション協会



    問い合わせ・送付先

    公益財団法人 日本レクリエーション協会 レクリエーション・コーディネーター養成担当

    〒110-0016 東京都台東区台東1-1-14 ANTEX24ビル7階

    TEL:03-3834-1091

    FAX:03-3834-1095

    E-mail:jinzai@recreation.or.jp
  • 資格取得までの流れ

    fig_2.png fig_2

    fig_2

    通信教育課程の学習開始日と受講期間

    ・ 学習開始日/毎月20日までにお申し込みをされた方については、翌月1日を学習開始日とし、年間いつからでも受講が開始できます。

    ・ 受講期間/学習開始日から3年後の3月末日までとなります。

    (例):2015年10月15日申し込み → 11月1日開講 → 2019年3月31日まで。
    *最短1年程度で終了できます。

  • 通信教育課程に関わる費用

    ・ 受講料

    【一般の方】/50,000円......テキスト、問題集、解答用紙、通信添削費、通信費、運営費、消費税相当額が含まれています。

    【受講・受験の免除対象に該当する資格保有者(「学習内容」参照)】/45,000円......一般の方と同じ。
    ・ 講習会費用
    講習会A・B・C(各2日間)の参加費が必要となります。講習会にかかる費用は講習会情報を参照ください。

    資格取得に関わる費用

    • 受験料/ 5,142(税抜4,762+税380)円......資格認定審査の受験料です。資格取得時のみとなります。
      公認料/ 10,285(税抜9,524+税761)円......資格認定審査に合格し、公認指導者として認定する際にかかる費用です。資格取得時のみとなります。
      登録料/ 16,458(税抜15,239+税1,219)円......公認指導者としての登録および、登録期間内に受けることができるサービス(*1)にかかる費用です。2年ごとの更新となります。
    *1 年6回お手元に送付される情報誌『Recrew』や、年2回発行される専門情報誌『Rec-Site』をはじめ、レクリエーション用具を購入する際の割引サービスや、各種さまざまな情報提供など。

このページのトップへ