レクリエーション・ゲーム

パンチ&キック

パンチやキックで
新聞をおもいきり突き破るゲームです。
ストレス発散には最適です。
上肢・下肢の運動の向上や、
集中力・注意力を引き出します。

【人数】
個人戦

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
古新聞(全判のもの・1ページに切ったもの、1/4ページに切ったもの) 

【遊び方】
<その1>
参加者の胸の前正面に、スタッフが新聞の両端をピンと張って広げて立ちます。
①参加者の胸の前正面に、スタッフが新聞の両端をピンと張って広げて立ちます。
②参加者は、新聞の中心あたりをねらって、上から下へ腕を振り下ろして新聞を破ります。

<その2>
スタッフが参加者の下肢の前で、足を蹴り上げやすい位置に新聞の両端をピンと張って広げて立ちます。
①参加者は足を蹴り上げ、新聞紙を破ります。
②参加者は足を振り下ろし、新聞紙を破ります。


進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●紙には破りやすい向きがあります。もともとの新聞の繊維の方向に破るほうおが破りやすいようです。
新聞紙の向きを確認しましょう。
●新聞の大きさは、参加者の状態に応じて変えましょう。
マトが大きい方が当てやすくなりますが、大きくなると破る面も大きくなることを忘れずに!
●新聞がピンと張られている状態が一番破りやすくなります。しっかりと新聞紙を握りましょう。
●広げる位置は、参加者一人ひとりの身長や、関節の可動域により異なるため、柔軟に変更しましょう。
●力のあり余っている人は、何枚か新聞を重ねて負荷を高めましょう。
●力の弱い方などは、ペットボトルや棒を用いてパンチすると破れやすくなります。
【言葉かけ】
「日ごろの嫌なことを全部この場にぶつけて、すっきりしちゃいましょう」などと、参加者が思いきり新聞紙を破るように促しましょう。
【安全対策】
●足の裏をしっかり床につけましょう
●下肢で行う場合は、バランスを崩しやすいので注意しましょう。
【活動の実践から】
新聞がピンと張られていれば、多少力は弱くとも破ることができます。
あまりにも破れない時は、参加者に気づかれないように、上か下の部分に少し切れ目を入れてみましょう。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ