レクリエーション・ゲーム

輪けり

wakeri.jpg


足を使った「輪投げ」です。
下肢の運動を楽しみながら取り組んでみましょう。


【人数】
1人~何人でも

実施に好ましい場所】
広い室内

必要な物品・設備】
輪(各種)、得点版

【練習】
①まずは輪を蹴り飛ばす練習から行います。
②輪を足先にかける際、足首まで深く輪をかけると、
飛ばしにくくなります。
そこで、対象者に応じて、足先のどのあたりに輪をかけると飛ばしやすいか、練習の際に見極めてもらいます。
③まずは利き足に輪をかけます。慣れてきたら、利き足でない方の足も使ってみましょう。



遊びの概要・準備

1.

座った状態で輪を足先に引っ掛けます。

2.

下肢を前後に動かしながら、前方に動かした時に思い切り蹴り出し、輪を飛ばします。

3.

慣れてきたら、床に得点ラインや得点板を敷いて、輪の落下した地点の点数で得点を競います。

進め方のコツ

【楽しさの工夫】
●輪の大きさや重さを替えて行なってみましょう。ただし、足先にかけた時に多少余裕のある大きさのもので、重すぎないものにします。
●輪を足に引っかけて飛ばすのは、思った以上に難しいものです。そこで、風船やボールなどを蹴るゲームにしても楽しめます。ただし、下肢に当たってもケガをしない、または負荷をかけすぎない程度の重さや大きさの物を使用することをお勧めします。
【安全対策】
●参加者は、慣れるまでは輪がどこに飛ぶか予測がつきません。そこで周りで応援する際は、しっかり輪の進行方向を見るように促し、輪が飛んでも当たらないようなスペースで応援するよう促します。
●足裏をしっかりと床につけるように促します。
●下肢を蹴り上げるため、バランスを崩すことが予想されるので、転倒には注意が必要です。

出典:特別増刊43号『高齢者いきいきあそび集 第6集』(日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ