レクリエーション・ゲーム

バランスタワー

バランスタワーを崩さないように、
乗せる場所を考えて、バランスよくお手玉を乗せていくゲームです。
高さをつけることで上肢の関節可動域の維持・改善、
また、手指の巧緻性を引き出します。
仲間と相談しながら乗せる場所を検討することで、
思考力や判断力、協調性を養います。


【人数】
個人戦

【広さ】
1/2教室分


【用意するもの】
お菓子の空き缶のフタ、プラスチックの盛皿、お手玉、サイコロ(数字は1~3のみ)

【バランスタワーの作り方】
空き缶の上に、お菓子の空き缶のフタ(またはプラスティックの盛皿)を2~3段重ねたもの
balance.jpgbalance_02.jpg












遊びの概要・準備

1.

参加者をテーブルの周りに誘導します。

2.

ひとりにつき10個ずつお手玉を配布します。

3.

テーブルの中央にバランスタワーを配布し、メンバーで順番に1個ずつお手玉を乗せていきます。

4.

バランスタワーを崩さずに、全員がお手玉を乗せることができるかを競います。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●土台の足の部分になる空き缶は、長さの長いもの、短いものの両方を用意しましょう。空き缶の長さによってテーブルからの高さが変わるため、参加者の身長や上肢の可動域に応じて使い分けましょう。
●土台の空き缶は、空のままでもいいですが、ある程度の重さがあったほうが安定します。
●直径20~30㎝程度のプラスチックの盛皿が用意できれば、カーブがあるぶん、スリルが増して楽しめます。
●順番に1個ずつお手玉を乗せるのもよいですが、サイコロ(数字は1~3のみのもの)を用意して、サイコロの出た目の数だけ乗せていくようにしても楽しめます。
●乗せ終えたら、乗っているお手玉をとっていくのもスリルがあって楽しめます。
【活動の実践から】
1段だけ重ねたときはうまくいっても、2段になるとどちらかの段に意識が偏ってしまい、慣れるまでは頻繁に倒れました。しかし、全部お手玉が乗ったときの感動はひとしおだったようです。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ