レクリエーション・ゲーム

のらぬなら、のせてみよう

noranu.jpg椅子の上に乗るようにタオルを投げるゲームです。
目と手の協調性を引き出します。
タオルの投げ方をよく考えなければ、
イスに乗ってはくれません。
思考力・調整力を養います。

【人数】

個人戦・チーム戦/各6~8人くらい

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
フェイスタオル(1ヵ所だけ結び目を作ったものと、タオルの両端に結び目を作ったもの)、
背もたれのない椅子(滑りやすい材質で、高さの変えられる丸椅子などが好ましい)


遊びの概要・準備

1.

タオルをひとり1枚ずつ配布します。

2.

参加者から1m50㎝程度のところに、背もたれのない椅子を置きます。

3.

椅子の上にタオルが乗るように、ねらって投げます。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●椅子の座面が滑りやすいものの方が、乗せるのが難しいので楽しめます。
●参加者から椅子までの距離は、参加者の状態に応じて変えましょう(少しずつ遠くするとよい)
●高さを変えることのできる椅子が用意できれば、同じ距離であっても変化をつけることができます(可動域が広がります。)。
●結び目の数が2つになると難易度も上がります。
【言葉かけ】
「さあ、椅子をよくねらって!」「乗ったか? 乗った。いや、滑り落ちた!」などと実況中継すると盛り上がります。
【安全対策】
足の裏をしっかり床につけましょう。
【活動の実践から】
●みなさん、なかなか乗らないので、乗ったときのうれしさはひとしおのようでした。座面が滑りやすいと、タオルが一瞬、乗ったと思っても、するっと落ちてしまうといったこともあり、見ていて楽しめます。
●あまりにも乗らない場合は、椅子にタオルを敷いておくと、あまり滑りません。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ