レクリエーション・ゲーム

引いて×2 何?

hiite.jpg長いハチマキを、足を使ってたぐりよせます。
先端についている空き箱を、いち早く足元に運ぶゲームです。
下肢の運動能力の向上や協調性を引き出し、集中力を養います。

【人数】
個人戦

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
空き箱(洗濯洗剤程度の箱)、洗面器、
ハチマキ(4~6本を結んでつなげたもの)、お手玉


遊びの概要・準備

1.

空き缶や洗面器に、ハチマキを4~6本つなげたものを結びつけます。
洗面器にかかる部分にハチマキを結ぶときは、しっかりと上からガムテープで固定します。

2.

効き足でない方の足首に、ハチマキの先端を結びつけます。

3.

足の裏全体を使い、効き足でハチマキを踏みつけて手前に引き、空き箱や洗面器が足元にくるまで引き寄せます。

4.

いち早く空き箱や洗面器を引き寄せることができたほうの勝ちです。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●ハチマキを何本結ぶかは参加者の身体状況に応じて変えましょう(長さが長くなるほど負荷が増します)。
●箱や洗面器の中に、お手玉などを入れて重さを変えることができます(何も入れていないほうが引きやすいです)。
●中の見えないような空き箱を用いて、中に何が入っているかは、引いてからのお楽しみとしても楽しめます。
●最後に飴やお菓子を入れてみても楽しめます。
【言葉かけ】
「効き足をよく前後に動かして!」「ハチマキを踏みつけて手前に引きましょう」などアドバイスをしましょう。
【安全対策】
足の裏をしっかり床につけるようにうながしましょう。
【活動の実践から】
●いきなり足で行うより、一度手を使ってゲームをしてから行うと、内容の理解がしやすいようです。
●足でものを引っ張るようなことは、あまり経験がないので、悪戦苦闘されていましたが、それぞれに自分なりの引き方を見つけて行われていました。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ