レクリエーション・ゲーム

入れて、釣って

irete.jpg先端に輪のついた竹の釣竿で、
床に散りばめられた的を引き寄せるゲームです。
目と手の協調性や手指の巧緻性を引き出します。
どのように竹を動かせばよいかなど、判断力・集中力を養います。

【人数】

個人戦

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
竹竿、ビニールホースの輪、ハチマキ、ぬいぐるみ、お手玉、お菓子類



遊びの概要・準備

1.

円の隊形に誘導します。

2.

床にぬいぐるみやお手玉、お菓子などの的をたくさん散りばめます。

3.

参加者に、竹竿にハチマキで輪を結びつけたものを1本ずつ配布します。

4.

魚釣りの要領で、床のぬいぐるみなどをねらって輪を投げ込み、竹竿を動かしながら、足元まで引き寄せます。

5.

的をいくつ釣り上げられたかを競います。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●竹竿の長さは50㎝程度がよいでしょう。長さが長くなるほど、竹竿の扱いが難しくなります。
●ビニールホースの輪は、的よりも少し大きめのものを用意しましょう。
●ハチマキの長さは参加者に応じて変えましょう。
●輪が的に直接入らなくても、自分の方へ引き寄せながら、竹竿の操作やひもを動かして的をねらいましょう。
【安全対策】
●竹竿を振り回しても当たらない程度にスペースを取りましょう。
また、むやみに竹竿を振り回さないように、参加者に注意を促しましょう。
●前傾姿勢になりがちです。椅子などからの転落に注意しましょう。
●足の裏をしっかり床につけるように促しましょう。
【活動の実践から】
慣れるまでは、竹の扱いに戸惑っている方もおられました。
輪を直接握って投げる方、ハチマキを短くしすぎて届かない方などさまざまでした。
説明をする際に、見本をしっかり見せ、アドバイスをしながら行いましょう。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ