レクリエーション・ゲーム

落としちゃや~よ

otoshi.jpgテーブルの上にストーンを滑らせ、
テーブルの端にいちばん近いところでいかに止めるかを競うゲームです。
目と手の協調性や手指の巧緻性・感覚を引き出します。
滑らせ方、力の入れ具合を考えることで、集中力・判断力を養います。

【人数】
個人戦

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
ストーン(滑るものであれば何でも。例えば塩やゼリー、乳酸菌飲料の空き容器をつなげたものなどのプラスチック製のもの)


遊びの概要・準備

1.

参加者をテーブルの片側に誘導します。

2.

ストーン(テーブルの上を滑るもの)を配布します。

3.

開始の合図で、向かい側のテーブルに近いところでストーンが止まるように滑らせます。

4.

ストーンが床に落ちてはいけません。端の近くに止まったほうが勝ちです。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●テーブルの上に、マットやテーブルクロスなどを敷いてあると滑りにくいので、滑り止めになるようなものがないか確認しましょう。
●ストーンは、テーブルの上を滑らせることができるものであれば、何を使っても構いません。
プラスチックでできているものは滑りやすいようです。
●慣れてきたら、空き缶や乳酸菌飲料の空き容器などを転がして、端に止められるかを競っても楽しめます。
●滑らせたり、転がしたり、参加者の状況に応じてテーブルを縦に使って距離を長くしたり、横に使って距離を短くしたりしましょう。
【安全対策】
テーブルの端ぎりぎりをねらうので、当然、床に落ちてしまうことが予測されます。
床に落ちても割れないような素材のものを選びましょう(音がうるさくなる場合は、床に布などを敷いて行えば問題ありません)。
【活動の実践から】
●最初のうちは、ずいぶん手前で止まってしまったり、思いきりテーブルから落ちてしまうことがしばしばありました。
次第に、ぎりぎりに止まったり、半分は落ちかけて止まったりと大盛り上がりでした。
●ペットボトルにほんの少しだけ水を入れたもので行ってみました。
少しの水が微妙に揺れながら滑る様子は見ていて楽しめました。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ