レクリエーション・ゲーム

山くずし

yama.jpgシュレッダーにかけた紙屑でお山を作ります。
そのお山に立てた割り箸が倒れないように、
スプーンで紙屑をすくうゲームです。
手指の巧緻性を引き出し、
どの部分をどのくらいすくうか考えるなど、
思考力・判断力・集中力を養います。


【人数】
個人戦

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
テーブルクロス、割り箸、紙皿、シュレッダーにかけた紙屑、スプーン、お菓子箱のふた


遊びの概要・準備

1.

テーブルにテーブルクロスを敷きます。

2.

参加者をテーブルの周りに誘導します。

3.

スプーンと紙皿を配布します。

4.

テーブルの中央に、お菓子箱のふたの中にシュレッダーにかけた紙屑を入れ、大きな山の形を作ります。

5.

山のてっぺんに割り箸を建てます。

6.

山に立てた割り箸が倒れないように、スプーンでシュレッダーの紙屑をすくって紙皿に移します。

7.

割り箸を 倒さないように、どれだけ多くの紙屑をすくえるかを競います。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●多少テーブルの上に紙屑が散っても、テーブルクロスを敷いておけば、片付けが簡単です。また、シュレッダーの山は、お菓子箱のふたに盛ると
箱の淵の部分を使ってすくう際の助けとなってくれます。
●割り箸は、ビニールテープやマジックで色をつけて認知しやすいようにしましょう。
●紙屑をスプーンですくうことで、難易度が上がります。場合によっては、手で取って楽しめます。
【言葉かけ】
「昔、砂場でお山を作ってこんな遊びをしませんでしたか」などの言葉かけをしましょう。
【活動の実践から】
スプーンを使ったことで、素手でする感覚と違うので思わず力が入りすぎたり、少ししかとれなかったりと悪戦苦闘していましたが、昔遊んだ遊びが懐かしいらしく、みなさん夢中になって取り組まれていました。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ