レクリエーション・ゲーム

根気づよく

konki.jpg小さな穴に入っているビー玉などを
割り箸ではじき出すゲームです。
目と手の協調性、手指の巧緻性を引き出します。
細い割り箸で根気強くはじき出すことで、
集中力、注意力を養います。

【人数】
個人戦

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
汁椀、割り箸(半分に割ったもの)、パチンコ玉(あれば)・ビー玉・大豆、ペットボトルのふた



遊びの概要・準備

1.

参加者をテーブルの周りに誘導します。

2.

テーブルの上に、汁椀を伏せてガムテープで固定します。

3.

汁椀の下の穴の部分に、パチンコ玉やビー玉、大豆などを10個程度入れます。

4.

割り箸を半分に割ったものを1本ずつ配布します。

5.

開始の合図で根気強く割り箸の先で穴からビー玉をはじき出します。

6.

いかに早く、すべてのビー玉などをはじき出せるかを競います。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●汁椀によって、下の穴の部分の深さが異なります。あまりに深すぎると、割り箸の先ではじき出すのが難しくなる場合があります。事前に確かめておきましょう。
●穴の部分に入れるものは10個にこだわらず、対象者に応じて数を調整しましょう。
●割り箸は割らないままの状態で行うと、はじき出す面積が広がります。対象者に応じて調整しましょう。
●大豆など、小さいものが難しい場合は、汁椀を普通に固定し、ペットボトルのふたなどをはじき出すようにしても楽しめます。
●穴の中に入れるものは、割り箸ではじき出せるものであれば、何でも使用できます。大きさを検討しましょう。
●はじいた玉などが、テーブルにこぼれて転がるのを防ぐため、お菓子箱のふたなどに汁椀を固定したり、テーブルの周りを段ボールで囲むのもよいでしょう。
【安全対策】
はじいた玉などが床に落ちてしまうと、転倒の危険があるのですぐに拾いましょう。
【活動の実践から】
タイトルの通り、根気のいるゲームです。途中で断念しそうになる方もいました。あきらめかけたときの言葉かけが重要になります。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ