レクリエーション・ゲーム

ゆのみダイビング

yunomi.jpgお花紙を丸めたダンゴを、
足もとにある湯飲みに入れるゲームです。
目と手の協調性や手指の巧緻性を引き出します。
小さく軽い花ダンゴは、
なかなか思い通りには落下してくれません。
集中力も養います。

【人数】
個人戦

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
各種湯飲み(小さめの空き箱でもよい)、お花紙



遊びの概要・準備

1.

お花紙を、ひとり5枚ずつ配布します。

2.

1枚ずつ丸め、5つのダンゴを作成します。

3.

足もとに湯飲みを置きます。

4.

体の前に上肢を伸ばした状態で、1個ずつダンゴを、湯飲みをねらってダイブさせます(落とす)。

5.

ダンゴを湯飲みに何個入れられたかを競います。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●湯飲みの口の広さや高さは、いろいろなものを用意しましょう(口が広く高さがあるほうがやさしいです)。
●湯飲みの置く墓所を変えることで、難易度も変わります。
●お花紙を、小石やビー玉、鈴など、素材や重さを変えて行なってもよいでしょう。また音がするものなども楽しめます。
【言葉かけ】
「さあ、1個目のダイブです。みなさんご用意を!3・2・1、ダイブ!」などと言葉かけをし、緊張感を高め、盛り上げましょう。
【安全対策】
●湯飲みに少しでも近づこうと、前傾姿勢になることが予測されます。背筋を伸ばした状態で行なうよう促しましょう。
●足の裏を、しっかり床に着けるように促しましょう。
【活動の実践から】
●お花紙を丸めるだけでも、手指のよい運動になります。
しかし、丸め方が適当だと方向が定まりません。うまく丸められない方へはお手伝いをしましょう。
●最初から湯飲みでは難しいと思われる方には、空き箱などの大きめのものから、始めるとよいでしょう。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ