レクリエーション・ゲーム

新聞腕相撲

shinbunude.jpg新聞紙に丸くあけた穴の部分に
腕や足を入れて、互いに引っ張り合い、
力を加減しながら、
相手の腕や足や新聞から破れて外れるようにするゲームです。
どのくらい力を入れて引っ張るか、
どの方向に腕や足を動かすとよいかなど、
思考力・創意工夫を引き出します。


【人数】
2人組

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
新聞紙(1ゲームに見開きサイズを使用。新聞紙の左右の同じ場所に同じ大きさの穴をあけます)


遊びの概要・準備

1.

2人組で向かい合って座ります。

2.

新聞を見開きにして、左右同じ場所に穴を開けます。

3.

穴の中に、腕や指示のあった体の部位を入れます。

4.

リーダーの合図で、互いに思い思いの方向に引っ張り合います。

5.

腕が新聞から破れて外れるなど、体の部位が新聞から破れて外れた人の負けです。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●向かい合って、新聞に手や足が届く程度の距離をとりましょう。
●腕だけでなく、足、首などを入れても行えます。
●新聞にあける穴は、大きいサイズや小さいサイズ、各種いろいろなサイズを用意しましょう。
ただし、指示のあった部位が入る程度の大きさにしましょう。
●参加者が車いすの方が多い場合は、向い合せにしても、新聞に部位が届かない方もいるでしょう。
状況に応じて、参加者vsスタッフとしても楽しめます。
【言葉かけ】
実際の相撲の行司さんを真似て、「さあ、みあってみあって! はっけよーい のこった!」で始めると、
お年寄りには親しみやすいようです。
【安全対策】
足の裏を、しっかり床につけるように促しましょう。
【活動の実践から】
●自分なりに考えて動かしたいというより、「わけがわからないけど勝った!」という方もたくさんいましたが、
回数を重ねるごとに、力加減などのコツをつかんでいるようでした。
●首を入れて行ったときは、お互いの顔がかなり接近します。リーダーの合図があるまでの時間は、
にらめっこのようで恥ずかしいやらで大盛り上がりでした。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ