レクリエーション・ゲーム

どんぶらこ

donbura.jpg2人1組で一緒に持つ棒に、ひもを巻きつけて、
ひもの先端についているザルを足元まで引き寄せるゲームです。
手指の巧緻性や筋力増強・維持を引き出します。
2人組で行うことで達成感を分かち合い、
また協調性を養います。

【人数】
2人1組のチーム戦

【広さ】
1/2教室分

【用意するもの】
ペットボトルで作ったひな人形、ザル、新聞棒、ビニールひも


遊びの概要・準備

1.

参加者は2人1組になります。

2.

ザルの中に、折り紙でひな人形のように飾り付けたペットボトルを2個並べます。

3.

新聞棒の真ん中にひもの一端を結び、もう一端をザルに結びます。

4.

参加者に新聞棒を渡し、新聞棒の端を2人で持ちます。

5.

リーダーの開始の合図で、2人で力を合わせてひもを棒にぐるぐる巻きつけ、ザルを足元まで引き寄せます。

6.

途中、ひな人形を倒すことのないように慎重に、足元までいちいち早く引き寄せたチームの勝ちとします。

進め方のコツ

【アレンジ・楽しさの工夫】
●ペットボトルで作ると、中に水を入れることで、重さの調整が可能になります。
(軽いと人形は倒れやすいです。重いと巻きつける力が必要となります)
●2人1組で行うことで、片麻痺の人も問題なく参加できます。
●ひもの長さは2~3mとし、参加者に応じて調整しましょう。
●人形を倒した場合、そのまま続けるか、30㎝戻るかなど、少しずつルールを自分たちで気めましょう。
【言葉かけ】
「人形を川に流すという、流しびなの風習がありますが、人形を倒すことなく無事に運べるでしょうか?」
「さあ、2人で力を合わせて、そーっと! そーっと!」などとアドバイスしましょう。
【安全対策】
足の裏を、しっかり床につけるように促しましょう。
【活動の実践から】
2人で力を合わせてひもを巻きつけることが、みなさん新鮮だったようでした。最初は2人の動きが合わずに、
お互い違う方向に新聞棒を巻こうとされる姿も見られ、見ている方も大笑いでした。

出典:特別増刊42号『遊びでリハビリ2~高齢者福祉施設でアレンジした遊び85~』(繁昌 康代 著 日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ