レクリエーション・ゲーム

「ウサギとカメ」のグーパー体操

「ウサギとカメ」の音楽に合わせながら
楽しく上肢の運動を行いましょう。

【人数】
何人でも

【実施に好ましい場所】
室内

【必要な物品・設備】
人数分の椅子

【実施方法・行ない方】
ウサギとカメの歌をみんなで4番まで歌います。
①お腹でグー&前でパー
1番を歌いながら、最初の8呼間は左手をお腹の前でグー、右手を前に出してパーの動作をします。
次の8呼間は手を交代し、左手を前に出してパー、右手をお腹の前でグーの動作を行ないます。以上を繰り返します。
②お腹でパー&前でグー
2番を歌いながら、最初の8呼間は左手をお腹の前でパー、右手を前に出してグーの動作をします。
次の8呼間は手を交代し、左手を前に出してグー、右手をお腹の前でパーの動作を行ないます。以上を繰り返します。
③お腹でグー&拍手&前でパー
3番を歌いながら、最初の8呼間は左手をお腹の前でグー、右手を前に出してパーの動作をします。
次の8呼間は手を交代し、左手を前に出してパー、右手をお腹の前でグーの動作を行ないます。ただし、手を交代する際は拍手を入れて、以上を繰り返します。
④お腹でパー&拍手&前でグー
4番を歌いながら、最初の8呼間は左手をお腹の前でパー、右手を前に出してグーの動作をします。
次の8呼間は手を交代し、左手を前に出してグー、右手をお腹の前でパーの動作を行ないます。
ただし、手を交代する際は拍手を入れて、以上を繰り返します。

以上②から④までの動作を4呼間、2呼間、1呼間と徐々に早めて行ないます。

進め方のコツ

【楽しさの工夫】
●はじめにグー、パーの動作の練習をしておくと上手にできます。
●連続して行なうと、だんだん動作が難しくなるので、最後まで間違えずにできる人は少ないですが、間違えることによって笑いが生まれます。
●だんだんスピードアップすることで自信につながります。
●練習すればほとんどの方が上手にできるようになります。
●リズムの段階は、みんなができるようになってから早めていきましょう。
【言葉かけ】
●「これからみなさんと一緒に、簡単な手遊びをしましょう」
●「まず一緒にウサギとカメの歌を4番まで歌ってみましょう。元気に歌ってください」

出典:特別増刊43号『高齢者いきいきあそび集 第6集』(日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ