レクリエーション・ゲーム

はじける風船

hajikeru.jpg風船の配置や弾力性を意識して
ボールを投げることで
上肢だけでなく、思考力の向上にもつながります。

【人数】
10人

【実施に好ましい場所】
ホールや食堂など、参加者が手を広げ、円陣が組めるスペース

【必要な物品・設備】
段ボールの箱(リンゴケース程度のもの)1箱、風船10個、
ひとり2個の紅白のゴムボール(野球ボール大の大きさ)、色違いのハチマキ








遊びの概要・準備

1.

10個の風船をふくらまし、段ボール箱に入れます。このとき、風船が段ボール箱からこぼれ落ちないようにします。

2.

参加者を2つのグループに分け、それぞれ色違いのハチマキを巻きます。

3.

各グループのメンバーが、それぞれひとりおきになるように、段ボール箱を中心に円陣を作ります。

4.

ひとりずつ段ボール箱の風船をめがけて2回ボールを投げ、段ボール箱から引き出した風船の数を数えます。

5.

ひとりボールを2回投げ終わるたびに、弾き出された風船は段ボール箱に戻します。
次の人がボールを投げるときは、段ボール箱には風船が10個入っている状態にしておきます。

6.

全員が投げ終わったら、グループごとに段ボール箱から弾き出した風船の数を合計します。数の多いグループの勝ちとします。

進め方のコツ

【楽しさの工夫】
●グループごとに持つボールの色を変えてみましょう。
●箱の中の風船に当たらない人には何回かチャンスを与えましょう。
●参加者のボールを投げる力に応じて距離を調整します。
●フラフープの中に風船を置き、ゴムボールの代わりにお手玉を投げ、風船を弾き出すようにしてもよいでしょう。
【言葉かけ】
●「風船に思い切って当ててみましょう」
●「さあ、ねらいをつけて」
●「次はBさんの番ですが、どの風船をねらいますか?」
●「弾き出した風船の数を声をそろえて数えます」
【安全対策(個人への配慮、アドバイス、対処法)】
●ボールを人に当てないように指示します。

出典:特別増刊43号『高齢者いきいきあそび集 第6集』(日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ