レクリエーション・ゲーム

ぼーっ(棒)とストレッチ~「うみ」~

椅子に座ったままの状態で、
新聞紙で丸めて作った棒を使って
「うみ」の音楽の1番から3番に合わせて
動作を行ないます。

【人数】
何人でも

【実施に好ましい場所】
参加者が手を動かせる広さの室内

【必要な物品・設備】
新聞紙で丸め作った棒、CDデッキ、「うみ」のCD



遊びの概要・準備

1.

<前奏>(3呼間)
手を前にパー、両手を膝の上でグー・グー(3呼間)。

2.

「うみ」1番(24呼間)
最初の3呼間は両手で棒を持ち、
徐々に前に伸ばしながら背中を丸めます(目はお腹を見る)。
次の3呼間で徐々に両手を胸に引きつけながら、背中を反ります。
以上を4回繰り返します。

3.

<間奏>(3呼間)
①と同じ。

4.

「うみ」2番(24呼間)
両膝の上に両手で棒を持った状態から、
右斜め上、真上、左斜め上、両膝と、
弧を描くように腕を移動させます(6呼間)。
同様に、今度は左斜め上から右斜め上まで移動させます。
以上を2回繰り返します。

5.

<間奏>(3呼間)
①と同じ。

6.

「うみ」3番(24呼間)
右膝に右手を乗せ、縦に棒を持ちます。
右手はそのまま支点とし、左手だけ右斜め上に倒します。
右手を膝から離し、左右の手を右斜め上に押し出します。
ここまでが3呼間。
次の3呼間は左右逆に行ないます。
以上を4回繰り返します。

進め方のコツ

【楽しさの工夫】
●参加者の体調に合わせて、座位でも立った状態でもおこなってみましょう。
●海の思い出をたずねながら会話を楽しみ、「うみ」の歌を歌いながら行ないます。
●特に、歌詞2番3番を忘れている方も多いので、クイズ形式で参加者にたずね、聞きながら前の黒板に書きとめてみましょう。
【言葉かけ】
●「みなさん、こどもの頃、ご家族と海ではどんな遊びをされましたか? なるほど素敵な思い出ですね。
では目を閉じて、その海の風景を思い出しながら、ゆっくり深呼吸してみましょう」
●「それでは曲に合わせ、気持ちよく上半身を(特に肩から腰にかけて)中心に動いていきましょう。腰痛・肩こりも解消されますよ」

出典:特別増刊43号『高齢者いきいきあそび集 第6集』(日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ