レクリエーション・ゲーム

さかさま言葉をもとどおり!

最初は短い言葉から!
リズムを楽しみながら、
言葉遊びを楽しみましょう!

【人数】
何人でも


【実施に好ましい場所】
どこでも


【必要な物品・設備】
特になし



遊びの概要・準備

1.

リーダーと参加者の全員で「ターンタタン ターンタタン」のリズムに合わせて手拍子をします(8呼間)。

2.

手拍子が終わったら、リーダーは「さかさま言葉をもとどおり!」と全員にリズミカルな言葉かけをします(8呼間)。

3.

全員で①を繰り返します(8呼間)。

4.

リーダーは、さかさま言葉を2回繰り返し、最後に「ハイッ!」と参加者に投げかけます(8呼間)。

5.

参加者は、「ハイッ!」の合図のあと、さかさまの言葉をもとどおりにして言います(8呼間)。

(例)「りんご」「友だち」の場合
全員  :手拍子(ターンタタン ターンタタン)
リーダー:さかさま言葉をもとどおり!
全員: :手拍子(ターンタタン ターンタタン)
リーダー:ゴ・ン・リ! ゴ・ン・リ! ハイッ!
参加者 :リー・ンー・ゴー!
全員  :手拍子(ターンタタン ターンタタン)
リーダー:さかさま言葉をもとどおり!
全員  :手拍子(ターンタタン ターンタタン)
リーダー:ち・だ・も・と! ち・だ・も・と! ハイッ!
参加者 :とー・もー・だー・ちー!

進め方のコツ

(楽しさの工夫)
●本番前に、「ターンタタン ターンタタン」の手拍子をしっかり覚えてもらいます。
●リーダーの表情や声のトーン、間が、この遊びのおもしろさを左右するので、ジェスチャーなども入れながら行うと楽しさが増します。
●リーダーがさかさま言葉を言う時は、「○・○・○!」と歯切れよく言います。
●リーダーは、参加者がリズミカルに答えられるように、指揮をとりましょう。
●最初はさかさま言葉を2文字から始め、慣れてきたら3文字4文字へとレベルアップさせてみましょう。
●リーダーは、あらかじめ2文字、3文字、4文字などのさかさま言葉を書いたメモを用意しておきましょう。

(言葉かけ)
●「間違ってもかまいませんので、大きな声で言ってみましょう!」
●「みなさんの声が一致するように、リズムよく声を出しましょう」

出典:特別増刊43号『高齢者いきいきあそび集 第6集』(日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ