レクリエーション・ゲーム

うで立てジャンケン

family-illust-arm[1].gif腕立て伏せは苦手でも、
遊びの要素を取り入れながら行ってみると、
意外と子どもは喜んで取り組みますよ!




遊びの概要・準備

1.

子どもと大人が向き合ってうで立ての姿勢になります。

2.

準備ができたら、ジャンケンをします。

3.

ジャンケンで負けたら、うで立てふせを3回行います。

4.

ジャンケンをして、勝つまでは支えている腕を代えられません。

このページのトップへ