レクリエーション・ゲーム

声をたよりに

お互いに目を閉じて、
離れた相手とキーワードを叫び合いながら
出会いを楽しむゲームです。



遊びの概要・準備

1.

2人1組になり、キーワード(お互いに叫ぶ言葉)を2つ決めます。
(例)「山・川」「イヌ・ネコ」「サンタ・クロース」など。

2.

10~15mくらい離れ、お互いに目を閉じ、「安全装置(バンパー)」を作ります。
「安全装置」とは、両手を胸の前に伸ばし、やや肘を曲げた状態のことを言います。
相手に直接体や頭などがぶつからないようなクッションの役割を果たします。

3.

他のペアの声が響く中、自分のペアの声を聞き分け、出会うように前進していきます。

4.

お互いの両手が触れ合ったら、ハグしたり、喜び合いましょう。

進め方のコツ

● リーダーは周囲の安全を確保しましょう。
● 目を開ける時間を作る、並び方をランダムにする、回転させて方向を変えるなど、ドキドキレベルを工夫してみましょう。

出典:レクリエーション・ガイドブック36『みんなであそぼう! かんたん やさしい レクリエーション・ゲーム集』(日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ