レクリエーション・ゲーム

花いちもんめ

natsukashi_20_img_01[1].jpg「いちもんめ(1匁)」とは、
通貨「銭」の1枚の重さ(3.75g)で、
貨幣がそのまま目方の単位となり、
秤に刻まれたものです。
花(子ども)が増えて重たくなった方が勝ち、
というこの遊びは、
天秤でバランスをとる様子を
表現しているのかもしれませんね。



●遊び方
①2グループに分かれて、それぞれ横一列に並んで手をつなぎ、向かい合います。


natsukashi_20_img_song_01[1].jpg
























交互に唄いながら、唄っているグループは前に進み、歌の最後に片足を蹴り上げます。
もう一方のグループは、それに合わせ後ろに下がります。
natsukashi_20_img_02[1].jpg










③唄い終ったら、双方のグループでそれぞれ集まって、
相手グループの中からひとり欲しい人を選びます。

natsukashi_20_img_song_02[1].jpg










④指名された子同士がジャンケンまたはひっぱりっこをします。
natsukashi_20_img_03[1].jpg











⑤負けた子は勝った子のグループに入ります。

natsukashi_20_img_song_03[1].jpg






⑥どちらかのグループの最後のひとりが負けるまで続けます。


出典:レクリエーション・ガイドブック35『なつかし遊び集』(日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ