レクリエーション・ゲーム

なわとび

nawatobi_img_01[1].jpg


なわとびには、ひとり、または2人で跳ぶ短なわとびと、大勢で跳ぶ長なわとびとがあります。長なわとびは跳ぶだけでなく、唄に合わせて入り、抜け、地面を触ったり、ケンケンしたりと、いろんな技があります。








遊びの概要・準備

1.

トッピンシャンの部分を「またぎましょ」とか「はんばかれ」という地方もある。縄に入った人は左右にゆれる縄を跳びこし、「グルッと回して」で縄が回転し、「トッピンシャン」で両足をまたいでとまります。このとき縄が両足の間にあれば何回でも続けることができ、途中で縄に触れたり、最後に縄をまたげなかったりしたときは、縄を回している子と交替し、また最初から歌い始めます。

出典:レクリエーション・ガイドブック35『なつかし遊び集』(日本レクリエーション協会発行)

このページのトップへ