福祉レクリエーションの専門資格「福祉レクリエーション・ワーカー」になろう!! 

福祉レクリエーション・ワーカーとは
特別養護老人ホーム、老人健康保健施設、デイサービス、介護予防事業、地域サロン、障害者施設、保育園、幼稚園など、さまざまな場面で活動される方に役立つ資格です。対象者個々人に合う「活動プランづくり」、1対1の場面での「コミュニケーション」、個々人に合わせた「活動のアレンジ」などを通じて、一人ひとりの生きがいづくりを支援することができる人材です。

対象者一人ひとりの「楽しさ」に合った支援を目指しているため、介護職員、生活相談員、ケアマネージャー、施設長、理学療法士、作業療法士、ホームヘルパー、保育士、幼稚園教諭、ボランティア(介護予防・子育て支援事業)など、たくさんの方が資格を取得しています。

詳細は、こちらをご確認ください↓ 

福祉レクリエーション・ワーカー詳細