レクリエーション・サポーター

学校教育や、介護現場などで活動している方が、指定の講習会を修了することで、

公益財団法人日本レクリエーション協会に登録できる新制度が、2018年10月1日よりスタートしました。

まずは3つのレクリエーション・サポーターからスタートします

学校レクリエーション・サポーター(2018年10月1日スタート)

教員など、子どもとのコミュニケーションや、子ども同士のコミュニケーションを深める支援に携わっている方々が、レクリエーションの基礎学習を修了することで登録できるサポーターです。

2018年日本レクリエーション協会が開講した教員免許状更新講習会「コミュニケーション力を引き出すレクリエーションプログラムの体験学習」を修了された方から開始します。

※履修証明書送付資料の中に、PDF_mini.pngご案内を同封しています。


介護レクリエーション・サポーター(登録準備中)

介護福祉士など、介護予防や認知症予防などをより楽しく支援する活動に携わっている方々が、レクリエーションの基礎学習を修了することで登録できるサポーターです。

グループレクリエーション・サポーター(登録準備中)

地域や職場など、特定の分野に関わらず楽しいレクリエーション活動をサポートする活動を日々実践されている方々が、レクリエーションの基礎学習を修了することで登録できるサポーターです。

費用について

レクリエーション・サポーターの登録費用は無料です。

このページのトップへ