レクリエーション通信講座 先生限定


レクリエーション動画教材をご活用ください


時下、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

平素より、レクリエーション運動の普及・振興につきまして、多大なご尽力を賜り、厚くお礼申し上げます。

先生方におかれましては、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、オンライン授業やWeb授業での実施が開始されているかと思います。

このような状況をふまえ、当協会では、先日より「レクぽ」や「おうちで60秒チャレンジ」を活用しての授業の展開を提案させていただいておりましたが、今回、さらにレクリエーション動画教材(12本)を学生向けに視聴できるように致します(この動画学習教材は、当協会がレクリエーション通信講座として、一般受講者向けの講座で使用しているものです。)


是非、動画教材を学習の深まりを補助するものとして、また履修に必要な時間数が不足する学生への対応や理論や実技科目および実習科目の中止、休講等が生じ、履修必要時間が短縮された場合への対応へご活用ください。

なお、今回の動画教材につきましては、レクリエーション・インストラクターテキスト(楽しさをとおした心の元気づくり)を解説しているものですので、是非テキストのご購入をお願いしたいと思います。

また、学校から直接テキストを学生に配布できない場合があるかと思います。

その対応として、直接学生が認定校学生限定割引でテキストを購入することができるようにいたします。

是非こちらのサイトもご活用ください。

〇動画教材の視聴方法について
   以下のような方法で動画の視聴が可能になります。

①先生から学生への動画視聴方法チラシの配布
  ※配布いただくチラシについては、事務担当教員向け(518日付)のメールにて添付させ
    ていただいておりますのでそちらをご確認ください。)

②学生自身が「レクぽ」への登録  https://www.recreation.jp/login
③「レクぽ」にログインして動画を視聴(動画を視聴するパスワード必要

  

〇動画教材について
  動画教材の詳細は、下記添付資料をご確認ください。
  
※動画を視聴するときのパスワードにつきましては、事務担当教員向け(5月18日付)
    のメールにて添付させていただいておりますのでそちらをご確認ください。)



〇今回、動画の視聴には「レクぽ」への登録をお願いしております。
「レクぽ」サイト https://www.recreation.jp/


動画の視聴については、通信講座受講生専用のサイトで行っているため、課程認定校にご活
用いただくにあたり、動画を「レクぽ」登録者限定ページにアップしました。
動画視聴にあたり、学生には「レクぽ」にご登録いただきますが、この動画をはじめ、豊富なレクリエーション活動、レクリエーション関連の記事が掲載されており、学生にとっても「レクぽ」にはメリットが多数あります。また、今回の件で、学生のときから、「レクぽ」の有効性を感じてもらい、レクリエーションの資格登録を促進していくねらいもございますので、ご理解ください。


〇「レクぽ」を活用による先生方のメリット

・豊富にレク活動が掲載されているので、授業でレクリエーション活動を紹介する際に活用可能。
・学生に指導案を作成させる際の教材検索先として活用可能。

・レクルーの記事が掲載されているので、地域の実践事例を紹介する際に活用可能。

・実践事例から、社会の課題にレクリエーションの有効性を感じさせることにも活用可能。

・研究記事があるので、レクリエーションのエビデンスを調べるときにも活用可能。

・またガイダンスやオリエンテーションなどのときに、「レクぽ」掲載の有資格者の実践事例を紹介し、学生のモチベーションを高める時にも活用可能。  等

「レクぽ」を活用による学生のメリット

・レクリエーション活動の豊富化

・演習や現場実習の際のレクリエーション活動の検索

・全国の実践事例を学ぶ

・「レクぽ」の登録により、今後の登録手続きの簡略化  等

〇学生直接テキスト購入サイト 
直接学生が認定校学生限定割引でテキストを購入できるサイトにつきましては、事務担当教員向けのメールにて掲載させていただいておりますのでそちらをご確認ください。

・60-021 【学生限定】 楽しさをとおした心の元気づくり

その他ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

●添付資料  動画教材内容.pdf

公益財団法人 日本レクリエーション協会

〒110-0016 東京都台東区台東1-1-14 ANTEX24ビル7階

課程認定校担当:小山

TEL 03-3834-1093  FAX 03-3834-1095 

E-MAIL jinzai@recreation.or.jp

このページのトップへ