中級レクリエーション・インストラクター申請

概要

中級レク・インストラクターは、準中級レク・インストラクターとなってから次の更新完了後に審査を受け、合格することで認定される資格です。

準中級レク・インストラクターは、2年以上の経験を持ち、身近な同僚や仲間が行うレク支援をサポートできる能力を身に付けた支援者として位置づけられていますが、中級レク・インストラクターは、「レク支援の方法を教える能力がある」支援者として位置づけられています。

「レク支援の方法を教える能力」が問われているため、更新をすれば認定されるわけではありません。レク支援に関する基本的な知識についての課題に取り組んでいただき、一定の基準に達した方が認定されます。また、今までどんな活動をしてきたのか、活動実績についても報告していただきます。だからこそ、中級RIに認定されるということは、支援者としての能力や実績が評価された証といえるのです。

認定特典

ハンドブックが届く!

特典1

ハンドブックでは、実践力を高めていくために、展開案やプログラム案、指導案について解説しています。また、準上級レクリエーション・インストラクターに求められる講師力についてもふれています。

「レクぽ」で研修が受講できる!

特典2

中級レクリエーション・インストラクター以上の公認指導者だけが視聴できる研修動画を公開していく予定です。研修動画では、対象に合わせたレクリエーション活動の紹介と展開方法などを公開していきます。

ピンバッジがもらえる!

特典3

中級レクリエーション・インストラクター保有者限定のピンバッジ(2,200円)を無料で贈呈します。

資格証に印字される!

特典4

中級レクリエーション・インストラクターと印字された資格証が発行されます。

中級審査申し込み

Web審査、郵送審査、スケジュールについて

中級課題取り組み

課題、活動報告について

中級資格取得者の声

アンケート結果について