卒業生の姿

レクリエーションで学んだ事

photo6.jpg

社会福祉法人 葛飾福祉館「こひつじ保育園」

堀内亮輔
(帝京平成大学 現代ライフ学部人間文化学科保育幼稚園コース 卒)

私は現在、こひつじ保育園で「運動遊び専任保育士(プレイリーダー)」という仕事をしています。保育士同様、日常の保育に携わる一方で、3歳児から5歳児までの運動遊びの時間をリードしたり、地域の未就園児の親子が集う子育て支援センターで親子運動遊びを提供しています。また、子どもの体力・運動能力の低下が叫ばれていることから、勤めている保育園に留まらず、さまざまな都道府県の保育園や幼稚園に「子どもが面白くのめり込む・夢中になる運動遊び」を届けに足を運んでいます。


このような仕事をするうえで私の支えになっているのは、大学時代に学んだレクリエーションです。

photo7.jpg「子どもたちから笑顔や輝いた瞳を引き出すこと」。これは、私が子どもたちに運動遊びを届ける際に大切にしていることですが、その際に役立っているのが大学で学んだレクリエーションです。信頼関係作りやコミュニケーションを図ることはもちろんですが、まずは子どもたちが「面白そう!!」「やってみたい!!」と感じてもらうこと。そのために必要な「あそびの引き出し」と「表現力」を、レクリエーションから学びました。

これからも学校で学んだことを糧に、子どもたちが楽しんで運動に親しんでもらえるような支援に取り組んでいきたいと思います。

このページのトップへ