スキルアップ制度

レクリエーション・インストラクターのスキルアップ制度について

人々の心の元気づくりを支援するレクリエーション・インストラクター。
心に働きかけるレクリエーション支援の経験を積み重ねることによって、多種多様な人々を支援するための専門性が深まっていきます。

レクリエーション・インストラクターがそれぞれの現場で経験を重ね、学び続けることで得られる「3つの力」を認定する制度として2018年度からスタートしています。階梯は5つあり、日本レクリエーション協会及び都道府県レクリエーション協会は、レクリエーション・インストラクターのみなさんの学びをサポートします。

スキルアップ制度の全体像

レクリエーション・インストラクターとして高める3つの力

実践力

レクリエーション支援を展開する力

講師力

支援者を対象とする研修において講師として指導する力

講師育成力

講師を育成する力

レク・インストラクターが学びの始まり

中級レク・インストラクターに昇級すると中級レク・インストラクターハンドブックが送られ、ハンドブックをもとに、さらなるスキルアップを目指すことができます。

昇級するためのポイント

階級ごとに求められるスキルも高度になっていきます。

詳しくはこちら

申請要件及び認定に必要な事項

昇級は1階級ずつ認定される必要があります。

詳しくはこちら

中級レク・インストラクター

準中級レク・インストラクターとなってから次の更新完了後に審査を受け、合格することで認定される資格です。

詳しくはこちら

準上級レク・インストラクター

中級レクリエーション・インストラクター認定後、2年以上の経験を経て、多くの実践経験を積み、高い実践力と講師力を持っている人が対象です。

詳しくはこちら

よくあるご質問

費用、手続き、審査内容等について

詳しくはこちら